トップページ > 個人事業の開業準備 > 事業用の銀行口座を開設する

銀行口座の開設

個人事業を開業したら、事業用の銀行口座を開くことはとても重要です。個人事業を開始すると、消耗品や旅費などの経費、取引の入出金、家賃、公共料金など、多くのお金が出入りしますので、個人名義の銀行口座のままだと、個人で使用したお金か、会社で使用したお金か、区別がつかなくなります。

個人事業の経理処理で一番のポイントは、仕事上のお金の出入りとプライベート用のお金の出入りをキチンと分けることです。事業の採算管理や確定申告の際にも必要となりますので、事業用の銀行口座の開設は、なるべく早めに行っておきましょう。

できれば、開業前に事業用の銀行口座を開設し、事業で使う費用で口座から自動引き落としされるものに関してはこちらに統一しておきましょう。

屋号での銀行口座開設

個人事業者が屋号のみで銀行口座を開設するには結構なハードルがあります。都銀などの多くの銀行では屋号のみでの銀行口座の開設は難しいため、多くの銀行では、屋号付きの個人名義(屋号+個人名)というパターンになります。

ネットショップなど、どうしても個人名を明かしたくない場合(屋号のみの銀行口座を開設したい場合)は、法務局で屋号の商業登記すると、屋号のみの口座を開設してくれる銀行もあるようです。ただし、商業登記の費用と手間はかかります。

銀行選びのポイント

個人事業用の銀行口座を開設するといっても、銀行には、都市銀行、地方銀行のほか、さまざまな銀行があります。

将来的に銀行からの融資を受けたかったり、事業を拡大させたいのなら、将来的な融資のことも考慮して、地元の地方銀行や信用金庫・信用組合などの中小バンクで銀行口座を開設したほうが良いでしょう。地銀や信金などの中小バンクは、メインの顧客が地元の中小企業や個人事業者であるため、個人事業者であっても親切に対応してくれます。また、都銀よりは融資などの相談にのってもらいやすいでしょう。

一方、当面は借入の予定がなく、売上の入金や仕入代金の支払などがメインの場合は、ネット銀行がおすすめです。ネット銀行の多くは、振込手数料 が安く、一部では無料であったり、入出金は全国のコンビニのATMで無料で行えます。また、取引の履歴が、CSVファイルでダウンロード可能ですので、確定申告の際に大変便利です。

ネット銀行(ネットバンク)とは

ネット銀行とは、店舗や窓口を持たず、通帳を発行しないインターネット専用の銀行です。ネットバンクとも言います。ネット銀行は自宅やオフィスのパソコンから素早く簡単に振込や支払等ができるので、銀行口座を開設しておくと日常の生活や個人事業主にとって大変便利です。

ネット銀行は普通の銀行とは違い、無店舗で運営コストを削減しているため、金利(普通貯金、定期貯金)が高く、振込手数料や引き出し手数料などの各種の手数料は安くなっています。また、ネットバンク同士であれば24時間、土・日・祝日を問わず振込等が反映されます。

個人事業用の銀行口座を開設したら、あわせて個人事業用のクレジットカードも作成しておきましょう!交通費、消耗品、交際費など事業でかかった費用をカードで支払うと簡単に公私の区別がつきますし、クレジットカードのポイントも貯まります。⇒ 個人事業のカード作成

開業の流れ

経営実務

参考情報