個人事業主の開業準備

個人事業主で開業するには、以下のような開業準備が必要です。

許認可・届出を申請する

多くの事業には、監督官庁に対する許認可や届出が必要となっています。許認可や届出が必要な業種や届出先を一覧にしていますので、これから開業しようとする事業が該当するか確認しましょう。

オフィスを開設する(事務所開業)

個人事業のオフィスには、自宅、バーチャルオフィス、レンタルオフィス、貸事務所など様々な形態があります。それぞれコストやメリットが異なりますので、個人事業のオフィスの選び方について、わかりやすくまとめてみました。

名刺を作る(作り方/肩書き)

事業をできるだけスムーズに軌道に乗せるためには、知人や既存顧客、銀行、新しい取引先などに対して、自分が独立開業したことや新しい事業の内容、社名、連絡先等を知らせる必要があります。そのため、屋号と連絡先が決まり次第、名刺の手配をしておく必要があります。

個人事業の銀行口座開設

事業を開始すると、消耗品や旅費などの経費、取引の入出金、家賃、公共料金など、多くのお金が出入りしますので、個人名義の銀行口座のままだと、個人で使用したお金か、事業で使用したお金か、区別がつかなくなります。個人事業の経理処理で一番のポイントは、仕事上のお金の出入りとプライベート用のお金の出入りをキチンと分けることです。事業の採算管理や確定申告の際にも必要となりますので、個人事業用の銀行口座の開設は、なるべく早めに行っておきましょう。

個人事業のカード作成

個人事業主となったら、事業用の銀行口座開設とともに、事業用のクレジットカードも作成しておいたほうが良いでしょう。個人事業の経理処理で一番のポイントは、仕事上のお金の出入りとプライベート用のお金の出入りをキチンと分けることですので、交際費、消耗品などの費用を事業用のクレジットカードで支払うようにします。そうすると、事業用と個人用のお金の出入りをキチンと分けることができ、旅費や消耗品などの細かい費用を一旦プライベート用の資金で立て替える必要がなくなるため、煩わしさからも解放されます。

ホームページの開設(webサイト制作費用)

事業の売上拡大やイメージUPを図るためには、広告宣伝はかかせません。特に、知名度のない個人事業主や中小企業の場合は尚更です。広告宣伝の方法としては、チラシ・DM・口コミ・CMなど、様々な方法がありますが、最近のIT化社会において、最もポピュラーなものとしてホームページがあります。現在では、会社だけでなく、多くの個人事業主が事業のホームページを作成しています。ただ、自分でホームページを制作できる個人事業主は少ないと思いますので、おすすめのホームページ制作会社やホームページの作成代金の目安などを、わかりやすく説明します。
 

開業の流れ

経営実務

参考情報