個人事業主の経費・節税

個人事業主になれば、毎年自分で確定申告をする必要があります。確定申告の時期は個人事業主にとって悩ましい時期ではありますが、その分という訳かはわかりませんが、個人事業主はサラリーマンとは違って事業に結びつくような出費・費用を必要経費とすることができます。この必要経費や各種の控除を理解していないと、不必要な税金を納めることになります。ここでは、法律的に認められている経費や控除などをできる限りわかりやすく説明し、個人事業主の節税へとつなげます。

個人事業の経費

個人事業主はサラリーマンとは違い、事業に結びつくような出費・費用であれば、それらを必要経費として処理することができます。例えば、家賃や電気などの生活関連費でも、その中で事業として使った分は経費として計上することができます。必要経費は、事業から得る収入(所得)から差し引くことができますので、経費が増えれば増えるほど、納税額が少なく済みます。つまり、節税となります。そのため、まずはどの費用が必要経費となるのかをしっかり理解するようにしましょう。

個人事業の節税

個人事業主の代表的な税金は、所得税です。所得税は所得が増えるほど納税額が増える税金です。
その計算式は、所得税 = ( 収入−経費−所得控除 ) × 税率 − 税額控除 となります。
このように、所得税は、収入、経費、所得控除、税額控除から算出されているため、個人事業主が節税するにはこの各項目について見直すことが重要です。言い換えれば、合法的に所得を少なくする(経費を増やす)または、控除を増やすことがポイントとなります。
※ここでいう節税は、領収書を改ざん、偽装するような脱税とは違います。節税は、税法を理解し、正しく処理・申告することですので、お間違えのないようにしてください。節税は合法ですが、脱税は違法(犯罪)です。

節税対策(税金対策)

個人事業の節税では、収入、経費、所得控除、税額控除を見直すことがポイントであることを説明していますが(参考:個人事業の節税)、ここではその他の個人事業の代表的な節税対策(税金対策)について説明してあります。


自分で経費管理を行うならば、会計ソフトが便利です。入力するだけで、自動的に仕訳をしてくれたり、決算書を作成してくれたりします。個人事業主が最も利用している会計ソフトは、弥生会計です。コチラで無料ダウンロード できますので、一度試してみましょう。


経費処理や確定申告に関することが苦手な個人事業主は、税理士に依頼するのが良いと思います。苦手なことに時間や労力を費やすなら、自分が得意なことに集中し、事業の伸ばしたほうが効率的です。実際、多くの個人事業主が税理士を利用しています。税理士の選び方がわからない個人事業主は、税理士無料紹介 を利用すると、無料で税理士を紹介してくれます。

 

開業の流れ

経営実務

参考情報