トップページ > 個人事業の開業準備 > 名刺を作成する

名刺を作る

個人事業主として、開業する際に何かと必要となるのが、名刺です。
個人事業主にとって、名刺は事業を行う上で自分の顔ともいえるものです。

事業をできるだけスムーズに軌道に乗せるためには、知人や既存顧客、銀行、これまでの取引先などに対して、自分が起業したことや新しい事業の内容、社名(屋号)、連絡先等を知らせる必要があります。そのため、屋号や連絡先が決まり次第、なるべく早めに名刺を作成しておいたほうが良いでしょう。

名刺の作り方

サラリーマンから開業する人の多くは、これまで会社から名刺を支給されていたため、どのように名刺を作成したらいいかわからないと思います。

でも、安心してください。名刺は簡単に作れます。しかも、思った以上に安く作れます。

多くの名刺屋さんでは、あらかじめテンプレートが用意されていますので、自分が気に入ったテンプレートに個人事業の連絡先等を入力すれば、発注からわずか数日で名刺ができあがります。

(料金の目安)
一般的な名刺(名刺屋さんのテンプレート活用)であれば、100枚あたり、だいたい500円〜2,000円くらいで作れます。

おすすめの名刺屋さんは下記です。

  1. Vistaprint 無料お試し名刺250枚 送料のみで名刺が作れる!
  2. エコ名刺専門店のプリントエコ 環境に配慮した名刺

名刺の肩書き

一般的に、名刺には自分の名前・肩書き・屋号名・ホームページURL・メールアドレス・電話番号・住所などを記載します。

事業主の名刺の肩書きには、会社であれば代表取締役や代表取締役社長とつけるのが一般的ですが、個人事業主の場合は「取締役」という表現はふさわしくないので使用してはいけません。

「取締役」というのは、経営と所有が分離されている会社において経営を取り締まる人のことを指す言葉ですので、経営と所有が同一である個人事業主の場合はふさわしくありません。

なお、「代表」は名刺の肩書きとして個人事業主が使用しても問題ありません。従業員が他にいなくても、代表であることに間違いありません。そのため、多くの個人事業主が代表という肩書きを使用しています。

個人事業主の肩書き(例)

  1. 代表
  2. 代表者
  3. 店長
  4. 〜コンサルタント、〜デザイナーなどの技術や資格を表す言葉

どんな名刺を渡すかによって相手が受ける印象は変わりますので、名刺作りには手を抜かないようにしましょう。

開業の流れ

経営実務

参考情報